青汁の成分と健康

青汁は、現在ではすっかり健康促進飲料の地位を確立しています。しかし、青汁がそこまで知られていない当初は、テレビのバラエティ番組で、罰ゲームの一種として登場する機会が多く、ローカルでのCMのインパクトのあるシーンもあり、健康に関する面よりもその不味いというイメージが一般に定着していました。それから、その後に起きた健康ブームも手伝って、健康用の飲料として認知され始めました。また、その頃から、原材料の見直しや、牛乳などに溶かして飲めるようにした粉末での提供など、多くの品質改良によって現在では、飲みやすい商品も多く登場してきています。

また、その効果についてもデトックス効果や、血糖値を下げる働きなどが知られており、健康志向の女性や、高齢者に人気が高い健康飲料となっています。また、青汁はその名の通り青菜を原料としているため、野菜嫌いの子供や、野菜を摂取しきることが難しい人のための栄養補てんを目的とした利用にも向いているため、一般家庭でも多く見かけることができます。 しかしながら、青汁に実際にどのような原料が用いられているのか。その健康効果はどのようなものなのかについては、双方ともに漠然としたイメージしかないという方も多いです。そして、青汁と一口にいっても、青汁の中にも様々な原料を使ったものがあり、それら中でも期待される効果は異なってくるのです。

このページでは、青汁の歴史についてと、青汁の効果について紹介します。